つみき

賃貸経営でマンションを貸したい!まずは不動産会社探しからスタート

  1. ホーム
  2. 最近の不動産契約事情

最近の不動産契約事情

メンズ

サービスの内容

アパートやマンションなどの賃貸借契約において、借主が家賃を支払えなくなり、支払いを滞納してしまったとき、保証人は借主の代わりに家賃を支払う義務があります。かつては、親族間の結びつきが強く、親族に保証人を依頼するのが一般的でしたが、核家族化に伴い、ある程度の経済力のある親族に保証人を依頼することが難しくなってきました。保証人を立てた場合でも、保証人が高齢であったり、安定した収入がない場合もあるので、保証人の代わりの役割をする賃貸保証会社が利用されるケースが増えてきました。借主が家賃を滞納した場合、賃貸保証会社は、支払われるべき家賃の全額を立て替え、債務者である借主に家賃を請求する手続きを行います。

リスクを軽減する仕組み

アパートのオーナーや不動産会社にとって、支払われない家賃の催促や強制的な回収は、専門外で手間もかかるため、対応が難しいものです。賃貸保証会社を利用すれば、賃貸物件のオーナーや不動産会社は、滞りなく確実に家賃収入を受け取ることができるので、収入や経営を安定させることができます。特に、不動産収入が生活に欠かせない個人オーナーや、小規模な不動産会社にとっては、メリットの多い仕組みです。借主にとっては、保証人を探す手間がなく、保証人の不在を理由に賃貸契約を断られることがないというメリットがあります。頼れる親族がいない人や、外国人にとっては、希望の賃貸物件を借りるハードルが下がったと言えます。そのため、都市部の物件では、賃貸保証会社が利用されるケースが増えています。