つみき

賃貸経営でマンションを貸したい!まずは不動産会社探しからスタート

  1. ホーム
  2. 今さら聞けない家賃の保証

今さら聞けない家賃の保証

レディー

リスクが少なくなる商品

マンションを持っている人で経営している人は常に利益を考えています。やはり利益がたくさんでないとマンション経営をする意味が無いのでなるべく空室を抑えなければならないです。広告を出してお客さんを呼びますがどうしても複数の部屋に空室が出来てしまいがちになります。こういう時に活躍するのが家賃保証と呼ばれるサービスです。家賃保証会社があってここに依頼することにより空室リスクを回避できます。また家賃の滞納があった時にも良いものです。具体的なサービス内容は家賃の数十パーセンを保証してくれるので、全く収入がない事態も起きません。保証料金は利用する会社によって変化しますが、30%くらいからの金額が多いと言えるでしょう。

お金や保証人の注意点

経営のリスクを軽減できる家賃保証会社はそれぞれのサービスで発生するコストが違っているので注意しておきましょう。最初に初回保証料と呼ばれる金額が発生しますが、これは月に支払う家賃の合計額の数十パーセンが必要です。安くても20%位からになっているので会社の手数料を確認します。定期的に更新する必要があって更新料もかかるのです。1年に一回固定料金を支払う会社もあれば2年に1回更新料を支払う会社もあります。連帯保証人は基本的に必要ないところが多いです。しかし連帯保証人を要求される家賃保証会社も少なからずあるので気をつけましょう。上記の内容をしっかり理解して家賃保証会社を選ぶようにすると良い会社が見つかります。